風俗嬢の好き嫌いを知る

風俗嬢も人間。心の通った女性です。好きや嫌いはあって当たり前。客だからと何でも許されるわけではありません。 風俗嬢に対しても気遣いや思いやりが大切。客側でもこれを欠くと、よいサービスには繋がりません。風俗嬢の好きや嫌いを把握し、より良いサービスへと自らの努力で繋げていきましょう。
※だからと言って「これ嫌」「やりたくない」なんていうただのワガママは別物ですよ!

風俗嬢の≪好き≫

風俗嬢が客にされて好むことをまとめます。さりげない事ですが、ぜひ実践してみてください。

風俗には清潔感のある装いで行くこと

長いことお風呂に入っていない様子があったり、歯も磨いていない、服も洗っていないなど、許容範囲を超えたような不潔な格好では、風俗嬢も気分良くはしないでしょう。こういうサービスだからこそ、人並みの清潔感が必要です。性病予防のためにも、自分自身は清潔に保つようにしておきましょう。

プレイ中は明るい会話を心がけること

何でも話し合える関係は望ましいですが、あまり身の上相談や愚痴話が過ぎると、風俗嬢も疲れてしまいます。どうしても人に話したいことがある場合は、話しながら風俗嬢の反応も気にするようにしてみてください。疲れてきていそうだったら明るい話題に変えるなど、チェックも大事です。

風俗嬢が来る部屋は整理整頓をしておくこと

例えばデリヘルなど、自宅に風俗嬢を呼んだりする場合ですが、部屋の中は整理整頓をしておくのが風俗嬢を喜ばせる秘訣です。当然のことのようですが、特に自宅など普段過ごしている場所では意外と気付かないもの。初めて訪ねて来た人がどう思うかを一旦想像して、辺りを見回してみてください。不潔な感じが漂う部屋では、風俗嬢も気持ち良く接客が出来ないでしょう。

風俗嬢の≪嫌い≫

風俗嬢が客にされて嫌うことをまとめます。気が付かないうちにやってしまってる事が多いので、これを機に少し気に掛けるようにしてみてください。

風俗嬢に無理なプレイを強要しない

当然と言えば当然ですが、風俗嬢も立場上ハッキリキッパリ断ることができないので、知らないうちに無理なプレイを強要してしまっていることが多いのです。笑顔で「やだぁ〜」なんて言っていても、心の中では泣いているかもしれません。そしてもう2度とこんな客の相手はしたくない、なんて思うでしょう。そうするとその後のサービスにも影響が出ます。結局損をするのは自分なので、風俗嬢が嫌がることは絶対に強要しないようにしましょう。

風俗嬢に高慢な態度や発言をしない

「俺のテクニックいいだろう?」や「風俗嬢のクセに」など、自分のテクニックを自慢気に押し付けたり、風俗嬢を明らかに見下すような言動は絶対にいけません。客の心理としては「金を払っているんだから」というものがありますが、風俗は心と体が繋がって満たされるものです。自分が言われて不快に感じることは悪戯に言うべきではありません。

風俗嬢と自分、お互いの立場は理解する

風俗嬢と体の付き合いを重ねると、だんだんプライベートと仕事との境界がつきづらくなってくることがあります。営業用に教えられたメールアドレスに頻繁にメールを送ったり、プライベートな質問をたくさんしたり。風俗嬢とは心を通わせることが大事と言ってきましたが、あくまで仕事であることを忘れてはいけません。プライベートは別物であることをよく理解した上で利用するようにしましょう。

風俗嬢の好き嫌いを知ってモテる!

風俗嬢の好き嫌いを知りそれを実践すれば、必ず気付く風俗嬢はいます。日頃色々な男性客を相手にする中で、どうしても接しづらいという客もやはりいるでしょう。

上記で述べてきたことは、風俗嬢を働きやすくするための条件です。働きやすくするという事はすなわち、風俗嬢の魅力を十分に引き出してプレイをもっと良くするということ。結局は自分に返ってきます。

自分が受ける最高のプレイのために、風俗嬢を気持ち良くさせるテクニックをみにつけましょう。

デリヘル