体調不良の風俗嬢とは

基本的に体調不良の風俗嬢は性病感染のリスクが高まるため、風俗店側が出勤させないような措置は取っています。しかしそれらの境界線は曖昧でもあるため、出勤中の風俗嬢が全て万全なコンディションとは限りません。

接客してくれた風俗嬢が少し不調である場合に、風俗を楽しむ方法をご紹介します。

体調不良の風俗嬢の原則

あくまで体調不良の風俗嬢は、プレイすることを禁止するべきです。免疫機能が低下していると性病などに感染してしまう確率が上がります。風俗嬢自身に危険が及ぶ他、性病を広めてしまうことにも繋がりかねませんので、客である側も明らかな体調不良に気付いた場合には風俗店側に連絡し、プレイを控えさせるようにしてください。

体調不良で一番気になるのは性病感染です。自分と風俗嬢だけでなく、そこから波紋して新たな感染者を増やしてしまう前に、明らかに体調に異常がありそうな風俗嬢が来た場合には、利用客としても然るべき対処を取るようにしましょう。

ソフトなプレイで楽しむ

少し調子が悪いような風俗嬢には、あまり無理をさせないソフトなプレイで楽しみましょう。手コキや足コキが無難です。物足りなさを感じるかもしれませんが、性器同士の接触を控える妥当なプレイです。

テクニックがある風俗嬢は手コキでも十分満足できます。物足りなさを感じるなら風俗嬢とトークして十分仲良くなっておきましょう。親しくなれた相手とのプレイはより効果を高めます。

コンドームを着用してのプレイ

性病対策では当然の行為ですが、仮にフェラチオを行わない際にでもコンドームは被せておいた方が懸命です。もし仮に、自分自身が何らかの性病に感染して気付いていなかった場合、性器を通して風俗嬢側にうつしてしまえば大変なことになります。

外からの感染予防と、内部からの感染漏れを防ぐために性器はしっかりガードしましょう。

プレイ前後の入浴と洗浄

プレイ前後にはしっかりとシャワーを浴びて清潔にし、イソジンなどでのうがいや消毒を欠かさないようにしてください。プレイ中にはなるべく体を冷やさないように配慮してあげましょう。

デリヘル