風俗とチェンジ

風俗では写真指名しなかった場合、スケジュール的にすぐ接客できる風俗嬢を店側が決めます。または写真指名したけどその風俗嬢が欠勤や接客中などで行けない場合もです。

そうした店側が決めた風俗嬢といざ対面したとき、あまりタイプで無かったりしたら「チェンジ」をすることが出来ます。別の風俗嬢に変えて貰えるサービスです。

大抵の風俗店では1回か2回程度なら無料でチェンジできます。特にデリヘルの場合はチェンジ出来るデリヘル店かどうかが如実に利用に繋がってきます。

風俗嬢とチェンジ

チェンジというサービスは客にとってはありがたいものであっても、変えられてします風俗嬢にとっては寂しいものです。繊細な風俗嬢なら落ち込んでしまうこともあるかもしれません。

なので無駄に相手を傷つけてしまわないように、利用客側にも気配りを持って貰いたいものです。

風俗嬢を傷つけないチェンジ1

まずは、チェンジの意志を隠し過ぎないこと。あからさまに言いづらそうに、申し訳なさそうにチェンジを希望されても、風俗嬢も何だかザラザラとした微妙な気持ちになってしまいます。

あくまでここは紳士な気持ちで的確に、チェンジの意思を伝えましょう。中途半端な口調では余計に空気が重たくなってしまいます。

風俗嬢を傷つけないチェンジ2

容姿や体系が好みでは無かった場合、具体的な説明はいりませんが例えば「どことなく前の彼女に似ているから…」や、「前回がショートヘアーの子だったから、今回はロングの子と遊んでみたい」などと添えると、相手の風俗嬢は自分自身が否定されたわけではないと思え、気を落とすこともありません。

相手の容姿を直接否定しないように、上記のようなやり方で潜り抜けてください。

風俗嬢を傷つけないチェンジ3

風俗嬢と対面して開口一番に「…チェンジで」はNGです。風俗以前のマナーの問題ですが、挨拶は最低限するようにしましょう。そしてチェンジの意思を風俗嬢に伝えた後も、挨拶を忘れずに。

デリヘルの場合は「来てもらったのにごめんね」「気を付けて帰ってね」など気遣いの言葉をかけてあげるのもグッドです。お互い嫌な気持ちが残らず、その後も楽しく利用することができます。

デリヘル